土壌改良による赤土流出対策「BSC工法」とは?

BSC工法」とは?

北海道での実施後の写真。写真右側が適用後の様子です。緑が青々と茂っています。

BSC工法」とは、2018年1月頃に開発された、土壌に自然の植物を散布させる事で植物の成長の安定化を促す新技術です。 従来の資材と異なり、人工的な素材ではなく自然素材による土壌の改良を行うため、 地域の環境を破壊せずに土壌汚染の防止、緑化が可能となります。

その1環境を壊さない自然な資材

「BSC工法」で使われる自然資材「BSC-1」の写真です。緑色の細かい粒の形をしています。

「BSC工法」で使用される「BSC-1」は、藻類の植物から作られた自然資材です。
土壌にこれを散布すると、2週間から1ヶ月で植物が地面を覆うほど成長。 これにより周囲の地盤を強化して侵食を防止し、元々あった種子の成長を促す事ができます。

従来の方法では、樹脂等の薬剤の利用により成長する植物等に変化が生じてしまう事がありましたが、
「BSC工法」では自然の素材によって植物の成長を促すため、周囲の環境に悪影響を及ぼす事はありません。

その2場所を選ばない適応力

施工翌日の様子です。まだ植物はほとんど生えていません。

施工18日後の様子です。少しずつ植物が生えてきました。

施工1ヶ月後の様子です。たくさんの植物が伸び、地表を覆っています。

施工2ヶ月後の様子です。植物も長くまで伸び、元々あった他の植物も姿を現しています。

「BSC-1」の素材となる植物は、世界中のどこにでも生存している汎存種(コスモポリタン)であり、 雌雄がない無性生殖で増える事が可能なため、地域に応じた生態系を守りつつ、土壌の保全と緑化を行う事ができます。
水分の少ない乾いた土地など不向きな地形もありますが、自然公園などの環境保全規制が厳しいエリアでの試験施工の実績もあり、その適応能力は高く評価されています。

以下のような目的の場合に、「BSC工法」は有効です。
  • 土壌の緑化
  • 土壌の侵食対策
  • 法面保護
  • 壁面緑化
  • 赤土の流出対策
  • 外来種の植物対策

その3従来より優れたコスト面

「BSC」の施工では、基本的に「BSC-1」と呼ばれる資材等を散布するのみで、 土壌の基盤に手を入れるといった工程は存在しません。

そのため、従来の技術に比べ、より低い価格での実施が可能です。
また工程が短くなる事で、より少ない労力、短い期間での施工ができるようになりました。

お問い合わせ

モノダスサンコーでは、日本工営と共に
「BSC」を利用した土壌改良の技術研究を行っています。
何か気になった事があれば、どうぞ気軽にお問い合わせください。

TEL: 03-5243-8551
お問い合わせページへ